eco検定アワード2013

2014年3月14日 東京商工会議所

2014年3月14日、東京商工会議所において、2013年度eco検定アワード表彰イベントが開催されました。eco検定アワードは、全国各地で多彩なエコ活動を続ける、エコユニット・エコピープルの皆さんの優れた成果を顕彰する事業です。2013年度は、エコユニット77、エコピープル70の活動が選考対象となり、日本教育大学院大学の高橋誠氏を座長とするアワード審査会の慎重な審議の結果、9つのエコユニット、7名のエコピーブルがアワードの栄誉に輝きました。

エコユニット大賞はエスペック(大阪府)、エコピープル大賞は林昌明さん(千葉県)に

東京商工会議所(三村明夫 会頭)は、「eco検定アワード2013」(田畑日出男 環境社会検定委員会委員長:いであ株式会社会長)の受賞者を以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

「eco検定アワード2013」受賞者

  • エコユニット部門

    • 大賞エスペック株式会社(大阪府)
    • 優秀賞大橋運輸株式会社(愛知県)
      京都信用金庫(京都府)
      城西国際大学 環境社会学部(千葉県)
      株式会社セリタ建設(佐賀県)
      株式会社林兼合金鋳工所(兵庫県)
      ブランシェス株式会社(大阪府)
      前田建設工業株式会社(東京都)
      明星食品株式会社(東京都)
  • エコピープル部門

    • 大賞林 昌明 氏(前田建設工業株式会社 勤務)
    • 優秀賞今井 和良 氏(兵庫県加古川市役所職員)
      近藤 幸海 氏(宇部市少年少女発明クラブ指導員)
      堀越 健介 氏(ウェブサイト運営)
      宮本 久也 氏(プロマジシャン・エコマジシャン 日本奇術協会正会員)
      山口 進 氏(パナソニック エコリレー ジャパン事務局長・河川レンジャー)
      和田 寿美江 氏(アロマテラピーインストラクター、環境カオリスタ)

「eco検定アワード2013」委員長・委員

委員長

高橋 誠(日本教育大学院大学 理事・特任教授)

委員

  • 尾形 鉄二(環境省 環境教育推進室 室長補佐)
    岡本 光正(東京ガス株式会社 環境広報アドバイザー)
    唐鎌 真一(アミタ株式会社 環境戦略グループ グループリーダー)
    神田 修二(いであ株式会社 理事・技師長)
    黒柳 要次(株式会社パデセア 代表取締役)
  • 澤登 信子(株式会社ライフ・カルチャー・センター 代表取締役)
    森 摂(「alterna(オルタナ)」編集長)
    西尾 昇治(東京商工会議所 理事・事務局長)
    川瀬 健介(NPO法人生活・福祉環境づくり21 専務理事)

受賞者全員に「東濃ひのき」の間伐材で制作した表彰盾を授与

受賞者の皆様には、加子母森林組合様に制作いただいたオリジナルデザインの表彰盾が授与されました。表彰盾は「東濃ひのき」の間伐材で作られた表彰状と額からできており、レーザー彫刻加工が施された表彰状には、紙にはない重みと高級感があります。

表彰イベント交流会

表彰式と受賞者の皆さんの熱のこもったプレゼンテーションの後、会場を移しての交流親睦会が開かれました。受賞者の方々を中心に、企業や地域、大学などで環境活動をされている皆さんによる、活発な意見・情報交換が行われました。
日頃の課題や展望など、エコピープルとしての熱い想い、これから計画されている活動企画やイベントなどについて語られ、具体的な連携や活動のヒントに繋がる話題に発展、親睦会は多いに盛り上がりました。
アワードの受賞をエコユニット、エコピープルの目標にしたいとする方もいらっしゃり、活動報告書の書き方やプレゼンテーション方法など、環境活動を人に伝える技術も大切との声も聞かれました。

世界でただ一人のエコマジシャンによるミニショーも

エコピープル部門優秀賞を受賞された宮本久也(ミヤモ)氏によるミニエコマジックショーが行われました。エコを意識したグリーンのスーツで登場したミヤモ氏は、消防法で火が使えないという制約の中、何枚かにちぎった新聞紙を一瞬で元に戻す再生マジックや、ティッシュに魔法のお茶をかけてうどんに変えるマジックなど、四つのマジックを披露し会場を賑わせました。

前のページへ